スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

山田直輝の評価高すぎじゃないの?

JUGEMテーマ:Jリーグ


 
Jリーグのオールスター、JOMOカップ(8月8日、韓国・仁川)の出場選手各18人が発表された

ちなみにメンバーがこう


  ▽GK 楢崎(名古屋)曽ケ端(鹿島)

 ▽DF 内田岩政(以上鹿島)闘莉王(浦和)駒野(磐田)李正秀(京都)ジウトン(新潟)

 ▽MF 遠藤、明神(以上ガ大阪)小笠原、野沢(以上鹿島)阿部、山田直(以上浦和)中村憲(川崎)

 ▽FW ジュニーニョ(川崎)大久保(神戸)マルキーニョス(鹿島)



鹿島アントラーズ
が多いのは、まあダントツの1位だから許そう。

あれだけ勝点が広がったら、そりゃ文句も言えんわな〜


まあそれはいい。

ただ、この中でただ1点許せないことがある。

それは何かというと、19歳の山田直輝の選出だ。

19歳という若さだけが先行して、なにかとマスコミから取り上げられている山田直輝

たしかに、うまいことはうまい

そこは僕も昨日今日サッカーを見始めたわけじゃない。

だから潜在的なポテンシャルを十分すぎるほど秘めているという点で、山田直輝の実力は認めよう。

だが、実績はどうなんだ

現状では、J1第16節終了時点で1得点・・・。

あと、ナビスコカップでも少々の得点は獲ってるようだが・・・。



これで「山田直輝をスゴい」と賞賛するのは、いくらなんでも時期尚早じゃないか




すでに岡田監督からその能力を評価され、日本代表デビューも果たしている山田直輝ではある・・・。
 
そして、今回のオールスターでもメンバー入りしてしまった・・・。

で、ファンもマスコミも手放しで拍手喝采を送っているようだ。

「19歳にしてものスゴい天才が現れた」・・・と。

だからこそ僕は言いたい。



16試合やって1得点の選手がそんなにスゴいのか


山田直輝は、もともとユースでは得点王になっていたほどのストライカーだ。

点をとってとってとりまくってこそ評価されるべき選手のはずだろう。

山田直輝だけではない。

同じ浦和レッズ原口にしたって、1点しか獲ってない

なのにマスコミどもは騒ぎまくっているようだ。

右を見ればFC東京で9得点を獲って絶好調の石川直宏がいる。

左を見れば、同じく9得点で絶好調のガンバ大阪レアンドロもいる。

だが、どちらも選ばれてないようだな、オリヴェイラ監督には・・・

そしてこの2人の代わりに選ばれたのが、一時のピークは過ぎているジュニーニョと、1得点しかとってない山田直輝・・・。



ホント、不可解な選出だよな、オールスター


どうしてこうウルトラC的な選出ばかりするんだろうか・・・

もっと普通に選出すればいいのにと思うんだが・・・。

思えばファン投票で選出されなくなった要因が、今思ったことと共通の要因なんじゃないか

つまり、ファン投票だと、地元チームの偏った選手ばかり選ぼうとするから、結局オールスターとは名ばかりの変な集団ができてしまう・・・と。

で、オリヴェイラ監督のようなサッカーをよく知ってる人が選べば、それが解消される・・・と。


まあ、細かい好みに関しては仕方ない

なんで左サイドバックが長友じゃないの

センターバックが中澤じゃないの

・・・などなど、数字には表れない好みの違いはしょうがない。

そこはファンもガマンしようじゃないか


だが、はっきりと数字に表れるものがただ1つだけある。

それは得点だ

特にFW、MFに関しては、得点をより多く獲ってる選手を評価したいのがファンというもの。

でなかったら、得点王なんてものに意味がなくなってしまう。



ドリブルがスゴいといわれてるアルゼンチン代表メッシだって、今年のUEFAチャンピオンズリーグでは得点王に輝いている

またぎフェイントやブレるフリーキックばかり取りざたされているポルトガル代表クリスチアーノ・ロナウドだって、プレミアリーグで得点第2位なのだ。

古い話で言えば、元祖ファンタジスタであるブラジル代表ジーコフランス代表プラティニだって1度は得点王に輝いている



そう、スター選手というのは、みな得点王だ


ところが、今回のJリーグ・オールスターのメンバーときたらどうだ

現時点で10得点獲って得点ランキングトップの名古屋グランパスダヴィは選出からもれている。

先に挙げた9得点のガンバ大阪レアンドロも同様だ。

特にレアンドロなんて、AFCチャンピオンズリーグで何点獲ったことか・・・

いまやアジアNO.1と言っても過言ではないかもしれないのに・・・

FC東京石川直宏なんて、ただ9得点獲ってるだけじゃない。

すべてがビューティフルゴールばかりだ



そう、まるでロナウジニーニョのようなダンスチックなスーパーゴールのオンパレード


実践よりもむしろこういうオールスターでこそ見たいプレーヤーだったのに・・・。

「外国人枠」があるようだから、誰かがもれるのは仕方ない

まあ、本来その外国人枠とやらはいらないと思うが・・・。

それこそ全員外国人だっていいぜ、こっちは

日本代表と差別化ができてむしろのぞむところじゃないか。

だが、仮に「外国人枠」があったとしても、やはり得点獲ってるプレーヤーから普通に選んでいけばいいじゃないか。

別にガチンコマッチじゃないでしょ、オールスター



負けても勝っても、笑いながら最後に握手を交わす・・・それがオールスターゲームじゃないの


そんなオールスターゲームで、得点をとってない山田直輝が選ばれたことが、僕にはどうしても許せないのだ。

山田直輝がうまいから、選ばれるのは当然

分からないよ、それは。

「19歳にしてはうまい」というのがおそらくファンの頭の中では先行してるんだと思うが、仮に25歳くらいになって1得点のプレーヤーだったら、同じように「山田直輝は天才だ」と騒がれるだろうか

ありえないよ、そんなことは。


結局ここなのだ、僕が一番心配しているのは・・・

日本代表は、常にFWに難をかかえ、それはもう近年はずっと「得点力不足」とか「決定力不足」と言ってはFW陣をボロクソにコキおろしてきた歴史がある。

つまり、今後は「得点力」こそキーワードであって、そこを最優先に強化していくべきなのだ

なのに山田直輝はわずか1得点にもかかわらず、過剰に評価されてしまっている・・・。

そして本人がこう思うようになるのだ。



「得点なんか獲らなくても、走り回ってパスだけだしてりゃいいんじゃん」・・・と


そして5年、10年たって、「わずか1得点のFW」として成長してしまうから、そのころにはまるで評価されなくなるのだ、山田直輝は。

で、すっかりベテランになった本人がこう思う。

「オレは19歳にして日本サッカー界を騒がせたほどの男だぞ
そのオレは、あれからもっとうまくなってるのに、なんで今は評価されないんだ
監督もマスコミもファンもおかしいよ」・・・と。

つまり山田直輝は19歳にしてすでに分岐点にいるといっっても過言ではないだろう。



今後も今のように「わずか1得点しか獲れない運動量豊富な決定力不足のFW」で終わるのか




あるいは、メッシクリスチアーノ・ロナウドのような「ドリブルやパスもできるが、決めるべきところはきっちり決めれる決定力のあるFW」となるのか・・・




僕がいまだに忘れられない、どうしてもひっかかっている山田直輝の発言がある。

そう、日本代表VSチリ代表戦でデビューして、本田圭祐のゴールのアシストを決めた試合後のインタビューだ。



「今後も走り続けます


この一言に、山田直輝の命運がかかってるといってもいいんじゃないだろうか。

このままでは間違いなく、山田直輝はただの「運動量のFW」で終わってしまう可能性が高いだろう。

「決定力」にこだわりをもつFWからは、こんな発言は出てこない。

「今回は1点もとれませんでしたが、次こそみなさんの前でゴールできるよう頑張ります

こう言ってロッカールームでくやしがってこそFWじゃないのか

だが彼はまだ19歳なのだ。

顔つきも幼いし、成人式だって迎えてないんだ



だからこそ周囲にいる僕らファンやマスコミ、そして一番近くにいる指導者が正しい方向に導いてあげるべきじゃないのか



結論を言えば、そういう意味で、山田直輝を今回のオールスターには、あえて選出するべきじゃないと思う。

ケガで出れない可能性もあるとのことだが、「出たか出なかった」が問題なんじゃなく、「選ばれたか選ばれなかったか」が一番の問題だ。


では山田直輝を選びたかったらどうしたらいいのか

僕の答えは簡単だ。

山田直輝浦和レッズで得点をバンバン獲ってもらう

だってうまいんだろ、山田直輝

そんなにスゴい選手なら簡単に獲れるでしょ、得点なんて。



で、得点ランキングで上位に入るようになったら、当たり前のように山田直輝を選べばいいじゃないか


そういう自然な選出なら誰が文句言うっていうんだ

得点獲ってるなら誰も文句言いようがない。

で、山田直輝もこう思うはずだ。



日本代表オールスターも、やっぱ得点獲ってるから選ばれたんだよな」・・・と。



めでたく決定力をもったFWの誕生だ

こういう育成の仕方こそ、僕らファンでも貢献できる部分だと、僕は思う。

だから、あえてこのブログで「山田直輝オールスター選出に待った」をかけさせてもらった。

記事を売ることしか考えてないマスコミは当然のこと、ファンのブログでも山田直輝の選出に反対と異を唱える人は少なかったように思う。

だが、たとえ少数であっても、こういう反対意見にも耳を傾けてもらって、それが山田直輝の今後の成長や、日本サッカー界の成長にいい影響を与えてくれることを願いたい・・・

本田、いいぞ!

JUGEMテーマ:日本代表

キリンカップの余韻がまだ覚めないまま、UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦、マンチェスターU VS FCバルセロナの試合を迎え、なんとFCバルセロナが2−0で勝利

どちらが勝ってもおかしくなかったが、C.ロナウドスペイン代表DFプジョルに完璧に抑えられたのに対して、メッシは1得点を上げたのが大きかったのかもしれない。

ヨーロッパ最優秀選手も、この試合が決め手となって、メッシが受賞するかもしれないな〜




しかし、きのうのサッカー日本代表もそれに負けず劣らずハイレベルな戦いをしてくれたと思う


特に際立ったのが、オランダ2部リーグのVVVフェンロを優勝に導き、リーグMVPに輝いた本田圭祐

昨日のチリ代表戦後の、その本田のコメントがこう。



個人的には(今日の出来には)あまり満足していない」と。



おいおい、あんなに衝撃的な存在感を見せておいて、こんなスゴい発言が出てくるなんて・・・。




いったいどこまで僕らサポーターを期待させてくれるんだ・・・本田



そういえば試合後の小倉のインタビューを一瞬避けようとしたのも、「満足してない」からなのか

でもそこは空気を読まないとイカンぞ。



自分が他を圧倒して活躍していたことを・・・



それプラスこうもコメントしている


個人という意味では、もっとできるんじゃないかと思う。トライしないと始まらないし、あまりリスクを負う選手がいないんで。状況を打開できる場面がなかなかない


これってちょっとしたチームメイト批判では・・・。

てゆーか大いに批判してるだろ、これは



いいことだぞ本田



僕も同感なのだ

特にこの試合を迎えるまではもうずっと思ってたことだ・・・。

それはそれはもう長かった・・・

日本のサポーターは、もう何千本という横パスを長きに渡ってみてきたのだ・・・

君がオランダに行ってるのをいいことに、ずっとだ・・・



よくぞ成長して戻ってきてくれた



シュートは雨アラレのように撃つわ撃つわ・・・。

南米選手の強烈なタックルを受けても全く倒れないわ・・・。

常にシュートのためのドリブルをするわ・・・。

そしてパスはパスで、もともとうまかったのに・・・・さらに磨きがましてるぞ

最後の4点目のシュートなんて、軽くチョンと撃ってるのに、メチャメチャはえ〜じゃねーかよ・・・。

しかもメチャメチャ曲がってるし・・・



まさに完全無欠じゃないか・・・本田



そんな君がチームメイトを批判するのは当たり前だ。

言う権利もある。

たぶん周りの選手にもっと強引にシュートを撃ってほしかったんじゃないか

そうすれば今度はその選手にマークが分散するから、その分自身がフリーになる時がくる。

そして、ズドンっ・・・と



メンタル的な戦術としては当然の考えだよな、それは



でも僕の意見を言おう。

昨日の日本代表の選手は、それでもけっこうシュート撃ってたほうだし、けっこう攻撃的だったんだよ

中澤にしても、中村憲剛にしても、長谷部にしても、今野のしても・・・。

かなりオーバーラップしてたよ・・・

彼らなりに今までよりはかなり強引だったんだ。


それでもまだ攻撃が足りないっていうのか、本田よ・・・



なんてうれしいこと言ってくれるんだ・・・



ここにトゥーリオが入って、これ以上攻撃的になったらデフェンスラインがなくなってしまうじゃないか・・・。

面白すぎるぞ、そんなサッカー




それにしても、岡田監督の「ワールドカップでベスト4目標」は不可能だとずっと思ってたけど、昨日の本田の活躍、そしてその試合後の本田のコメントを聞いて、僕も考えが変わってきた



いけるんじゃないか岡田ジャパン・・・いや、本田ジャパン



チームメイト批判は中田英がよくやってたが、確かに「出る杭は打たれる」ここ日本では、本田のような強烈な性格は周囲がとっつきづらいだろう

むしろ内向的な中村俊輔のほうが、同じく内向的な選手の多い日本代表では、つきあいやすいのかもしれない・・・


でも、本田の言ってることは、サポーターとしては共感できる

いまや、ほとんどのサッカー日本代表選手は「天下り公務員」となんら変わらない。

自分たちは間違ってない・・・と思ってるところがだ。




庶民・・・すなわちサポーターの言ってることなんか、聞く耳もたないんだよ、彼等は・・・



だから本田よ・・・。

もっともっと言ってやってくれ

チームメイト批判は大歓迎だ

言うだけ言って、シュートを全然撃たなかった中田英とは違うのだ。

君は鬼のようにシュートを撃ってるんだから・・・。

言える権利がある


トゥーリオ山田の代表入りに釘をさしたように、君も一緒になって言ってやればいいのだ。



山田直輝は点も獲れなければ、シュートも全然撃ってないじゃないか・・・と



18才だからいいだろう

かわいいからいいだろう

そんなのは今だけの話だ・・・。

あと5年もしたら、山田も23才

そのころにはまた18才の新星がいて、もう山田は「かわいい」などと、ちやほやされなくなってるはずだ・・・。


そして、「点の獲れない、シュートも撃たない、ただ走りまわるだけの横パッサー」になって、サポーターからバンバンに集中非難されてることだろう。


・・・ううっ、・・・世間からバッシングされるのを恐れて、もうちょっと時間がたってからにしようと思ったが、ついつい言ってしまった・・・

だってガマンできなくて、もう・・・・


まあいい。

たとえ世間から非難されてもこれだけは言ってやろう


気になったのは、試合後の山田のインタビューのコメントだ。



これからも走りまわります



この一言だ。

この一言が僕とに火をつけてしまったのだ。



やっぱりか・・・・」と。



間違いない。

フィンケ監督岡田監督が毎試合そう指示してるのだろうか・・・

これほど才能を秘めた選手なのに

山田直輝よ・・・。


君は得点力あるだろう

だってユースで得点王だったろう

浦和レッズでもシュート意識を見せる場面も数々見せてきた。

だが、山田よ・・・。



まだ18才なのに酷な話だが、すでに今がもう「分岐点」だよ、きっと。



君が「走りまわる横パッサー」になるか・・・。

あるいは「走りまわるシューター」になるか・・・。


サポーターとしては才能ある君には「シューター」になってもらいたい。

そう、本田のように・・・


本田もきっとそう言いたかったはずなのだ。

もちろん山田だけじゃない。

ほぼ全員の選手にだ。

強引に切り込んで苦しい体勢からでも、ミドルシュートを撃つ・・・

これを終始やろうとしていた本田にとっては、もう全員に言いたかったのだろう。



いいかげん、お前らも撃ってくれよ・・・」と。



次は中村俊輔が出るだろう。

だからここからがホントの戦いなのだ

本田中村俊輔派を崩壊させるだけの存在感を見せられるかどうか・・・・


これはもう政治と同じ様相だ。


自民党が中村俊輔なら、本田は民主党だ

当然、僕は官僚体制に改革を志す民主党・・・すなわち本田派につく



パス公団をぶっこわして、シュート公団をつくるのだ



そして国民サポーターからの非難の相次いだ岡田監督総理は、イヤでも退陣に追い込まれよう


2010年ワールドカップまでは、一見時間が無いように見えて、まだまだタップリあるのだ。

昔で言えば、加茂監督だって突然解任となったし、岡田監督だって何があるか分からないよ・・・

政治なんてそんなもんだろう。


これまでの革命児は、トゥーリオだけだった

しかし、ここに本田が加わった

これは大きい。


ベルギー代表戦、ウズベキスタン代表戦とまだ2試合ある。

昨日のチリ代表戦での活躍のおかげで、みんな見るぞ、きっと

そこまでファンはバカじゃない。



だって、面白いものは面白いのだ



だからズレだ監督とズレた一部のパサーどもに見せつけてやってくれ。



サッカーはこうやるんだよ」と・・・。



そして再度チームメイト批判・・・期待してるぞ
 

本田よ!・・・まるで王様のようだったぞ!

JUGEMテーマ:日本代表

サッカー・キリンカップ2009 日本代表VSチリ代表 が終わった


で結果が・・・。

なんと日本代表が4−0で完勝だと・・・


いったいどうしちゃったんだ岡田ジャパン


スゴいいじゃないか



MVPはダントツで群を抜いて本田だろう



それこそ王様のようだったぞ・・・



とにかく点を獲ろうとする意識がスゴく伝わってくるのなんのって・・・

それも90分絶え間なく・・・・


最後に4点目を獲れたのもその意識の表れじゃないか

そういう意味じゃできすぎだ、今日の本田は。

まるで映画のようだ


しかも最後に点を獲った直後の本田・・・ちゃんと観客のほうへ走っていってアピールしてた

1人だけだったが・・・。

しかもその後はラストパスを出した山田直を気遣う場面もちゃんとあった

「ありがとな。ナイスパスだったぞ」と。



これぞ僕が一番求めてたシーンじゃないか・・・




なんどこのことをここで書いてきたことか・・・。

それをオランダ2部リーグでMVPの本田が見事演じてくれたのだ

こんなにうれしいことはない。

そのせいか今日は全くイライラすることなく試合を見ることができた



中村俊輔がいなかったのもよかったんだろう

彼がいないことでみんなノビノビとオーバーラップしてたし、ノビノビとシュートを撃ってた気がする。

まあ、その分中盤の構成力は全くなかったが・・・。

いらないだろ、横パスばっかしてる中盤なんて



そして中澤

本田の王様のような存在感に隠れてしまいがちだが、スゴいオーバーラップだったよ、今日は

2点目の目の覚めるようなラストパスなんて一瞬ジダンかと思ったぞ・・・。


それにしても中澤よ・・・。



なんであんなとこにいたんだ



このセリフは以前スーパーサッカーで司会の加藤が同じことを言ったのを覚えている。

そう、浦和レッズトゥーリオが左サイドバックの位置でロングシュートを決めたシーンだ。

今日の中澤・・・。



まるでトゥーリオじゃないか・・・



これでサンフレッチェ広島槙野がレギュラーになったら、いったいどうなってしまうのか日本のデフェンスラインは・・・。



楽しすぎるぞっデフェンスライン






次は5月31日(日)19:20からベルギー代表戦だ


今日のような試合をしてくれるんであれば、それほど不満はない

ただし、今日の試合で最も輝いていたのが本田だということがポイントだ

皮肉にも岡田監督の影響を最も受けてない本田が王様のような活躍をしたのだ

怖いのは、今後岡田監督の影響を受けることで、彼が横パッサーになってしまうことが心配ではある・・・


ただ、最後の小倉のインタビューを一瞬はねのけようとした本田

その持ち前の傲慢さで岡田監督の言うことをハナで笑ってやるのだ



あんた間違ってるよ・・・と



本田のように自分がゴールを決める気マンマンの選手が傲慢であること・・・・これは日本代表にとっては間違いなくいいことだろう

横並び意識の強い、出る杭は打たれる日本にとっては・・・


ただ山田が少し心配だ

まあ、それに関しては後日改めて書こう。

今書くと非難ボーボーだろうから・・・


選手個体の可能性としてはどんどんレベルアップしてるのがよく分かる、そんな試合だった。

ちょっと前の日本では到底考えられない

本田、長谷部など、ヨーロッパで優勝して活躍してるの選手の存在が大きいのだろうが、それだけじゃないと思う。


個人的にはAFCチャンピオンズリーグの存在が非常に大きいんじゃないかと思うのだ

今日の試合で言うなら、楢崎、玉田名古屋グランパス遠藤、山口智、橋本ガンバ大阪中村憲剛川崎フロンターレ阿部浦和レッズ(昨年)・・・。

ほとんどの選手が経験者だ。

出てない選手でも、興梠、内田篤鹿島アントラーズ川島川崎フロンターレだ。

そういう意味では、Jリーグのレベルアップがめざましいんじゃないだろうか・・・


まあ今日の選手にはほとんど不満はないが、岡田ジャパンにはそれでも不満はある・・・

まああえて今回は書くのをとどまろう。



とっておくのだストレスがたまったときのために・・・



ベルギー代表戦に向けて・・・もう行くしかないぞ日本代表




山田直輝の日本代表入りについて思うこと

JUGEMテーマ:日本代表

ワールドカップ最終予選に向けてサッカー日本代表メンバーが発表されたが、その中で1つだけ「これはどうなのか」と個人的に思わざるをえない選出があった

それは浦和レッズの18才、山田直輝が代表入りしたことだ


いや、どちらかといえば、僕自身も山田直輝のプレーは高く期待をかけている。

小柄なのに、ゴール前でDFの壁の間を割っていこうとする動きなどは、今後のサッカー日本代表には間違いなく必要だ。

実際に、ユースでは得点王になったほどらしいから、経験を積んでいけば得点もバンバン獲れるようになる可能性も秘めている。


でも、ちょっとまてよ

確かに動きもいいし、運動量もある。

プレーも真面目だし、浦和レッズというビッグクラブでレギュラーを獲っているという実績もある


だけど、「結果」だけを見るのなら、まだ得点は全然獲れてないだろう


そりゃあそうだ。

18才で、まだまだ身体能力だって、精神的なものだって、これからドンドンよくなっていく時期なんだから、まだ途上なのは当たり前だ

得点を獲れなくたって山田直輝を責められるわけないだろう。

18才なんだから・・・

事実、同じ浦和レッズトゥーリオがこうコメントしてる。


すぐに活躍できるほど代表は甘いものじゃない岡田監督は先のことを考えて入れたかもしれないけど…。代表は常に真剣勝負の舞台。他の選手に失礼になるかもしれない


http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=japansoccer&a=20090523-00000021-spn-socc



僕も同感だ

いつも思うのは、サッカー日本代表の一番の課題は「得点力不足」ということだ。

だから、得点を獲ってる選手からみれば、こう思ってしまうだろう。


なんで点獲ってない山田直輝が代表なのおかしいんじゃないのやってらんねーよ・・・」と。



岡田監督山田直輝の「運動量」も評価してるみたいだ。

田中達也のようなイメージなんだろうか。


ちなみに5月現在の得点ランキングがこう

http://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/j1-ranking.html



山田直輝は65位タイで、わずか1得点だ


まあ、まだ試合数が少ないから今後点をとることを期待したいが、1点しかとってない選手を代表で選出というのはどうなのか・・・

個人的には、「入れるべきじゃないでしょ」と思ってしまう。


もし僕らの勤めてる企業でこんなことが行われたら、納得できるだろうか


僕ならやる気を無くすだろう。

いや、会社を嫌いになるかもしれない。

たぶんこう思うだろう


こんな理不尽な社長のもとで仕事なんかできるかよ」と・・・。


そういう意味で、この話はなにもサッカーだけの話じゃないと思う。

「公平さ」をたもたないと、この社会はストレスがたまってしまうのだ。

そう、今の「天下り官僚」がまさしくその典型だろう。


やはり、社会というのは「結果」でまず評価せねば・・・。



じゃあ、Jリーグの選手にとっての「結果」とはなんだろう

チームが勝つこと

たしかにチームからはそう教育されるのかもしれない

勝てばJ−1に残れるし、マスコミもクローズアップしてくれるから・・・

でも僕はこう思うのだ。


負けてJ−2に落ちることを前提に考えて、そんな苦しい状況下でもファンからの熱い支持がある・・・・そういうチーム作りこそが、Jリーグが発展していく道なのではないか・・・と。



実は、これは浦和レッズのことだ

今でこそビッグクラブだが、昔はJ−2にも降格し、それはもう見るに耐えないチームだったよ・・・

今後だって何があるか分からないだろう・・・サッカーなんだから。

でもこれだけは言える。


それでも浦和レッズはファンから愛されるだろう」と


まあ、その愛のムチはかなり強烈だろうが(笑)。



つまり、Jリーグの選手にとっての「結果」というのは、「勝つこと」以上に、「チームがファンから愛されることにこそある」と思うのだ


それは今のサッカー日本代表を見れば分かる。

まるで愛されてないだろう、この岡田ジャパン



じゃあチームが愛されるというのはどういうチームなんだろう

答えは簡単だ。



ファンのためにプレーしてるチーム」・・・この1点に尽きる



つまり、自分がレギュラーになるために監督のいうことをただ従ってばかりいるサラリーマンプレーヤーではダメなのだ。

そんな選手をファンは見たくない。


ファンが見たいのは「運動量」じゃない


運動量なんかいらないから、「オーッ」と驚嘆するようなシーンが見たいのだ。

一番簡単なのが「得点」だろう。

そして、「得点」をとった後はサポーターの方へ全速力で走っていって、ヤクでもうってるかのような姿で喜びまくる・・・と。

ここが今のサッカー日本代表に最も欠けてる部分であり、選手にとっての「結果」の部分だと、僕は思っている。



それを考えると、山田直輝は「結果」を出しているとは言えない


というよりも、もっと「結果」を出している選手がいるはずだ。

その選手を優先すべきだろう

横浜マリノス渡辺千真なら5点とってるから、まだ納得できるだろう。

名古屋グランパス小川佳純Jリーグでこそ1点だが、AFCチャンピオンズリーグでの得点をあわせたらもっと獲ってるはずだ。

やりきれないだろうに・・・彼らからすれば



それに、山田直輝にとっても大マイナスなことがある。


それは、「得点なんかとらなくても代表呼んでもらえるじゃ〜ん」と本人が思ってしまうことだ。


つまり、「運動量といい動きだけしてればいい」と本人が思ってしまうこと・・・これはものすごい悪影響だろう。

これからの育成次第でものすごい選手になれる可能性を秘めてるのに、岡田監督がこんなタイミングで呼んでしまうことで、選手が「間違った認識」をしてしまう・・・これが若手がつぶれる一番の原因じゃないだろうか。

そして、年をとって監督が代わったらもう呼ばれなくなる・・・と

なぜなら、相変わらず「点が獲れない」からだ。

「運動量」や「いい動き」は相変わらずしてるのに・・・だ。


そういう意味で、今回の岡田監督山田直輝の召集は、僕は「大間違い」だと言いたい。

まあ、もう呼んでしまったものをあーだこーだ言っても仕方がない。

でも、ここからが僕らサポーターの腕の見せどころなのだ

マスコミもそうだ。


もし山田直輝が今回得点を獲らなかったらバンバンに「非難する」こと


これが大事だと思う。

18才なのにかわいそう

だったら辞退すればいいのだ。


僕たちが長い年月とお金を投資し続けてきた、このサッカーという舞台に上がってくるということは、こういうことなのだ。


そもそも「非難する」のは「山田直輝のため」なのだ。



間違って岡田監督に呼ばれてしまい、あやうく「ただひたすら走りまわるだけの横パッサー」として育成されるところを、僕らサポーターが「イタリアでも通用する得点力をもったFW」に育てててあげようというのだから・・・。



まあ、監督の好みもあるだろうから、いちいち選手の選考にケチをつけてもしょうがない。

ただ、若手には「可能性を感じさせる選手」が多いだけに、指導者はもっと考えてほしいのだ。


企業は利益さえだせればそれでいいのか

振り込めサギでもいい

障害者福祉団体を偽って名乗り、郵送料の差益でもうけてもいい

それと結託した郵便事業(株)も利益出してるからいい

日本漢字能力検定協会のように脱税行為をするのも利益がでるのだからいい



いいわけないだろう


これらはみな、「自分のこと、自分の企業のこと」しか考えてない。

それでは現代社会はダメなのだ。


これからの社会はどんな企業も「社会のため」にがんばらないと・・・。


それでないと、結果的には廃れることになる。

なんらかの形で・・・。


サッカーで言えば、「社会のため」=「フアンのため」と言っていいだろう。


つまり、「自分のチームが勝てさえすればいい」、「自分はそのために点をとらずに走ってさえいればいい」などという、自身の企業のためににしか気持ちが向いてないようでは・・・・いつかつぶれるよ、そんなチーム。



だから山田直輝よ。

まだ成人式も迎えてないのだから酷な話なのだが、岡田監督が間違って君を選らんでしまったのだ・・・

だから、こう自分で謙虚に考えるのだ。


得点を獲ってないのに自分が選ばれるのっておかしくないか岡田監督ズレてるよ・・・」と


そう考えることで君はものスゴいプレーヤーになれるはずだ

少なくとも僕はそういう目で応援させてもらうつもりだ。

だから山田直輝よ。


くれぐれも横パッサーなんかにはなるんじゃないぞ・・・




 

サッカー日本代表 6/6ウズベキスタン戦 メンバー発表

JUGEMテーマ:日本代表

サッカー日本代表ウズベキスタン戦(6/6)のメンバーが発表された

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=japansoccer&a=20090521-00000025-ism-socc


まあ、岡田監督のサッカーの問題点はここではあえてあげずに、選手に対しての期待を書いていきたい。


まず、なんと言っても、「DF槙野」の選出が僕にはうれしい

よくぞ岡田監督は選んでくれた

といっても、DFではトゥーリオをおさえて3点を獲ってるのだから、ちゃんと評価すれば選べれるべき選手なのだ。

「よくぞ」というのはそういう意味だ。


僕はグランパスサポーターなので、サンフレッチェ広島の試合を全試合見ているわけじゃない

ただ、それにもかかわらずインパクトが残るというのは、よほど存在感があるんだろう。

僕の印象だと、オーバーラップしたときの、スピード感、迫力が彼の持ち味なんじゃないかと思う

岡田監督は「サイドバックをやっているようだ」と評価しているようだ。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=jleague&a=20090522-00000008-sph-socc


実際、代表戦のような高いレベルでちゃんとみてみないとなんとも言えない

ただ、攻撃面でいうのなら、トゥーリオは、「フィード能力」、「全体を見渡す目」というところで勝負するタイプ。

トゥーリオといえば、ヘディングやフィジカルが強く、スピードはあまりない印象だが、時おり見せるパスセンスは、「まるでベッケンバウアーのようだ・・・」と個人的には錯覚してしまうことがある。

逆に、槙野は、勢いにのったまま大ざっぱなドリブルでオーバーラップしていくタイプなんじゃないか

そう、ブラジル代表ルッシオのように・・・


ただ、ひとつ気づいたことがある

こういう槙野のように突然フルスピードで猛突進していくタイプのCBって、過去の日本代表にはいないんじゃないの

めぼしいところをちょっとあげてみよう


トゥーリオだろ、中澤だろ、坪井寺田宮本松田直井原小村・・・

ざっくりだが、すぐには出てこない。

そう考えると、槙野の存在は貴重だ

初代表で緊張することもあるだろうが、もし出られるんであれば、その際はガンガンにオーバーラップしてほしい

そもそも、槙野が選ばれたのはそこを期待されてるに決まってるのだ。

だから、変に無難なプレーで終わらせるのではなく、1点献上してもいいから、思い切った記憶に残るようなプレーを・・・・たのむぞ、槙野


ただ、槙野にはもっと期待してることがある。

それは彼が「お祭り世代」だということだ。

柏木、安田理と同じで明るくてファン思いだから、サッカーそのものよりは、人間的な部分のアピールを期待したい。

で、今の暗い日本代表に革命をもたらすのだ、槙野

聞けば、槙野は長身でイケメンなので、一部の女性雑誌でけっこう注目してるらしいのだ。

いいことだぞ、それは

岡田監督がビジュアル面はともかく、存在感がまるでないため、選手の魅力で日本サッカーのイメージを変えるしかないんだから・・・。


さいきん、「オ〜、に〜っぽん、に〜っぽん、に〜っぽん、に〜っぽん、オイ、オイ、オ
イオイオイオイ・・・
」のサッカー日本代表応援ソングを聞くとついついイライラしてしまう。

こんな魅力のない選手をなんでムリやり応援するんだよ・・・」という気持ちになってしまうのだ。

政治でいえば、「あれだけみさかいなく天下りをくり返す官僚を目の当たりにしながら、「それでもオレはあなたがた官僚を応援してますからね」と言ってるように聞こえてしまう・・・。

僕はおかしいんだろうか・・・


しかし、やっと期待できそうなのだ、僕も

槙野はもちろん、オランダ2部のMVPに輝いた本田が入ったのも大きい。

本田はスタメン確実なんじゃないか

本田は、いつも自信満だし、ちゃんとスピーチはするのがいい。

少なくとも髪をかきあげながら下を向いて、「く終わんね〜かな〜、めんどくせ〜な〜スピーチ。疲れてるんだよ、こっちは・・・」みたいなことはしないタイプだ。


若手の存在のおかげで、なんとか未来はありそうだぞ、サッカー日本代表


本田槙野もたぶん中村俊輔のいうことは聞かないだろう。

特に本田は自分が一番偉いと思ってるのがありあり出てるし・・・。

今後はそれはイカンとおもうが、この状況ならそれは大いにアリだ


そして槙野にも本田にも自分のしたいサッカー、すなわちファンを意識したサッカーをぜひとも貫いてほしい。

楽しみだ