スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

神様になった岡田監督

JUGEMテーマ:日本代表

Jリーグに試合で、最近、FC東京石川直宏と、浦和レッズ高原直泰の2人が絶好調のようだ

FC東京石川直宏は今日の名古屋グランパス戦でも、開始3分でゴールを決めて、なんとこれで5試合連続ゴールのチーム新記録タイらしい



J1得点ランキングもこれで10得点で、トップとは・・・スゴいぞ、石川直宏



これと肩を並べているのが、名古屋グランパスダヴィ浦和レッズエジミウソンが同じく10得点。

次いで、アルビレックス新潟ペドロ・ジュニオールガンバ大阪レアンドロが9得点。

ちなみに、清水エスパルス岡崎慎司サンフレッチェ広島佐藤寿人が8得点だから、石川直宏の10得点がいかにスゴいことかが分かる。



高原はもともと、ドイツに行く前はJ1で得点王に輝いたほどのストライカーだったんだよな


高原も最近ようやく試合に出してもらえるようになり、得点を獲り始めて復活の兆しを見せているようだ。

海外移籍をアッサリ蹴ったように、一時のヘラヘラしたJリーグを馬鹿にした感じもすっかり消えうせたようで、いい感じでサッカーに取り組めているんだろう。


で、その石川直宏高原の視察を、日本代表岡田監督が視察に訪れたのだ

今日の石川直宏のゴール後の岡田監督の映像が出てたが、なにやらニヤけていたようだが・・・。

まあ、それはどうでもいい。

僕が今回気になったのは、その岡田監督の視察にあたってのコメントだ。


「何点決めるとかではなく、最終的に私が代表に必要な選手と感じるかどうかだ


このように発言しているようだが・・・。

はっきり言わせてもらおう。



なんとまあ傲慢な人間なのだ、岡田武史という男は・・・お前は神様か


つまりはこういうことだろう。

10得点という結果を出している石川直宏を、自分の判断次第では「代表には必要ない」とすることもある・・・と。

よくもまあ偉そうなことを言えたものだ。

今現時点で岡田ジャパンで結果を出しているストライカーは、間違いなく岡崎

その岡崎が現時点でJ1で8得点。

こちらもここへきて調子が上がってきているようなので、リーグ後半戦には逆転してる可能性がないとは言えない。

まあ、岡崎が上なのか、石川直宏が上なのかはここではどうでもいい。

ただ、少なくとも得点という形で「結果」を出している選手を「自分の判断次第では呼ばない」とは、いったい何様のつもりなのか

じゃああれか

企業で言えば、全従業員の中で売上トップの人間を、自分の好みによっては評価しないって言ってるようなもんだよな、これって・・・。

はっきり言ってやろう。



そんな会社やめるぞ、僕だったら


そもそも1人の人間を判断できるほど、あなたは優れているとでもいうのか

先日のオーストラリア代表戦でも、内容で勝りながら、屈辱の逆転負けを喫した岡田ジャパンだぞ。

その将が、まさしく岡田監督、あなたなわけだろう。

結局、その程度の人間だということでしょうが・・・

そんな人1人の凡人の理不尽かつ勝手な判断で、「結果」を出してる優秀な人間をないがしろにされては困るんだよ、ファンとして



あまりにも謙虚さが足りないんじゃないの、岡田さんよ


何も「できないことをやれ」と求めてるんじゃないんだぞ、ファンも。

僕だって自分の無能さを棚に上げて、「岡田監督を無能だ」と意見できる筋合いはない。

だから、少なくとも僕は、常に「サッカーファンとしての目線」で、僕でもできることを意見をしてるつもりだよ

でも、岡田監督が「サッカーファンの目線」で仕事をしてるとは呼べないね。

それはこの低迷した視聴率がすでに証明してるんじゃないの

そういう「ファンの目線」で仕事をするということと、「監督しての能力」とは別物でしょ


自民党の麻生総理がそうだが、やはり国民の支持を全く得られていない。

景気が回復しないから

漢字が読めないから

リーダーシップなど、政治家としての能力がないから

だから麻生総理は支持しないと

そうじゃないだろう。

仮にも彼は政治家だ。

英語もしゃべれれば、営業能力にも長け、僕ら一般市民より抜けた仕事能力を持っているのは明らかだ。

にもかかわらず、麻生総理が支持されない理由はただ1つ。



国民の目線に立って物事を進めないから


これに尽きるだろうに・・・。

オバマ大統領だって「景気回復はすぐにはムリだ」って言ってるのに、ましてやそれを麻生総理に期待なんかしてやしないよ、国民は。

にもかかわらず、「国民の一番の期待は景気回復」の一本口調・・・。

「能力が劣る」と思われている民主党が支持されてる理由は、「国民の目線」にたって一緒に天下り官僚と戦う姿勢を見せてくれているからだということが分かってないんだろうか

で、戦った結果、それが成し遂げられなかったとしても、国民が心の底から文句を言えるだろうか?

言えないよ。

だって、「それならお前自身がやれよ」って話になるでしょうが・・・。


これと同じことが今の日本代表にも言える。

岡田監督が仮にワールドカップ本大会でボロボロに負けてしまっても、それはそれで仕方ないことなのだ。

少なくとも僕らファンにそんな監督業をやれるほどの能力はないから、できないお前が「能力」という視点で岡田監督を責めたてるのは、ファンの筋違いというものだろう。



だが、「ファンの目線」にたって物事を進める
「ファンの気持ち」を第一優先で考える



これなら、僕らファンでもできることなんだ。

だから、そこに関してはファンも声を大にして責めたてるべきだし、その権利もある。

その一番肝心なところを、岡田監督は履き違えてるんじゃないか


サッカー日本代表は、岡田監督のものじゃないんだよ。

もちろん選手のものでもない。

ましてや日本サッカー協会のものでもない。



サッカー日本代表「ファンのもの」でしょ


そういう視点で仕事してますか?岡田監督・・・。


どの選手の「あの動きがいい」とか「あの選手のポゼッションがいい」とか、そういう部分は、ファンの好みによって意見が別れるところだと思う。

だから、そういう好みの違いに関してまでケチをつけるつもりは毛頭ない。

だが、J1リーグ半分終了した時点で、得点ランキングトップにたっている石川直宏を代表入りさせて文句を言うファンがいますか

言わないはずだよ、ほとんどのファンは。

むしろ日ごろ自分たちの地元チームしか応援してないファンからすれば、得点王、石川直宏のプレーを見てみたいと思うのが普通じゃないか



それを「結果は二の次。代表にとってプラスになるかどうかを私が判断します」と言っているのだ、岡田監督は・・・


この「ファン」との気持ちのズレ・・・完全にダブるよな、麻生総理と。


麻生政権は今月、7月21日に解散することになったらしい。

昨日の東京都議選も自民・公明で過半数割れしたそうだ。

当然、第1党は圧勝で民主党だったそうだが・・・


岡田政権は解散しなくていいのか

あるいはしたらファンは誰に投票するんだろう

ワールドカップ出場を決めてくれたから、ファンも再度、岡田監督に投票するんだろうか

僕は、しないよ、絶対に。

最悪の場合、ワールドカップに出場できてなくても僕はよかったのだ。



視聴率60%獲れるモンスター・ジャパンであってさえくれれば


勝っても、結果を出しても「賞賛されない岡田ジャパン」を、企業という立場で「結果を出してる」と言えるだろうか・・・。

思えば視聴率が下がってきたのはオシムジャパンのころからだ。

まあ、このオシムという監督も、かなり傲慢な男で僕は好きになれなかったが・・・。

この2人の共通点を僕がはっきり言ってやろう。



岡田監督オシム監督も、専門家からの支持は多分に得られたが、一般ファンの支持は得られなかった


やはり視聴率の低さがそれを証明していると言えよう。

一方で全く逆の監督もいる。

それは、世界的大スターでもあったジーコ監督



専門家からの支持は得られなかったが、一般ファンの支持は絶大だった



前監督のトルシエがかたくなに拒んでいた、中田英寿、小野伸二、中村俊輔、稲本潤一の4人を併用し、「黄金の中盤」を形成してくれたことは、あまりにも衝撃的だったよ・・・。

まあ今見れば、稲本以外はシュートを撃たない「逃げ腰なパサー」ばかりで、決して「黄金」ではないと思うが、当時のファンは見たかったんだよな、この4人が同時にプレーするところを・・・。

そういう意味で、ジーコ監督はナチュラルに「ファン目線にたっていた」監督だったと言えよう。

細かい戦術や選手の好みの違いで批判もあったろうが、視聴率の高さが、やはりジーコサッカーが支持されていたことの証明だったと思う。

コアな理論チックなサッカーファンはともかく、普段サッカー見ない人でも興味がもてるサッカーをしていたということなんだろう、ジーコ監督


さて、Jリーグ第17節を終えた時点で、得点王の座についている石川直宏岡田監督は果たして呼ぶのだろうか

まあ、あのゴール後の岡田監督のニヤけた顔を見れば、まず呼ぶと期待したい

それはいい。

だがそれを「結果オーライ」として流してしまってはいけない。

「今回は選ばれたが、次は選ばれなかった」ということであれば、やはり問題の解決になってないからだ。


特に、サッカー選手の寿命は短い。

石川直宏は今28歳だから、ここで選ばれなかったら次は32歳だ。

ケガをしてたり、ピークを過ぎてる可能性だってある



そういうサッカー界だからこそ、まず「結果」こそを重視して、「自己のちっぽけな判断など二の次にする」という謙虚な姿勢こそが大事なんだと思う


そういう意味で、「10得点とって得点王なんだから、石川直宏を代表に入れてほしい」と願うファンこそが、最も謙虚な存在だとも言えよう。

このページの1ページ前に、「石川直宏が何故点を取れているかをみないと本質はわからないですよ 」と、名前も述べずにケンカ腰にコメントをしてきた方がいたが、このコメントも岡田監督同様、非常に「傲慢」だぞ・・・

だいたい、「本質」を見極める努力をしたところで、じゃあ、「その自身の分析が正しいかどうか」をいったい誰がどう証明するというのか・・・

石川直宏がなぜ得点を獲れているか」という質問は、「人間がなぜ生まれてきたか」という質問に等しいほど難題だよ、僕にとっては・・・



そんな傲慢な考え方によって、純粋に結果を出してる選手の人生が狂わされてしまうのであれば、非常に理不尽極まりない環境と言えよう



だいぶ以前に、マラソンの金メダリスト、「Qちゃん」こと、高橋直子がアテネ・オリンピック選考のレースで好成績を出せず、やはり選考からもれてしまった大事件があった。

世間では「前大会のシドニーオリンピックの金メダリストを選ばないのは、どうなのか」という反対意見もあったようだ。

でも、僕は高橋直子の落選は妥当な選考だったと思う。

なぜなら、「その選考レースで結果を出した人の気持ち」を考える必要があるからだ。

マラソンは高橋直子で始まり、高橋直子で終わるわけではない。

今後も延々と継続するスポーツだ

ならば、将来マラソンでオリンピックを目指す子供たちに対しても分かりやすく公平な基準を設ける必要がある。



結果を出した人がオリンピックに出る・・・その選考方法に誰が文句を言えるだろうか


高橋自身も、ショックはあっても、「納得がいかない」という感情は無かったんじゃないだろうか・・・。


高校受験や大学受験だってそう。

「何点とれば合格ですよ」という基準があるからがんばれる。

テストの点数という結果を出した人から順に合格できるから、受験勉強を必死でがんばれる。

で、落ちても、「高校が悪いんだ」とか「大学が悪いんだ」とか言わない。

結果を出せなかった自分がわるい・・・

こう納得できるのだ。



「あの娘は点数は低かったけど、自分の好みのタイプだから合格」なんてされた日には、人生たまったもんじゃないぞ・・・。


少なくとも、「結果でまず判断される」ほうが、理不尽さ、不公平感は少ないから、僕はそういう職場で働きたいと思うし、そういう国で働きたいと思う。

だから、結果を出してない天下り官僚が、税金を吸い取って国民をバカにした態度をとってる今のこの日本が、非常に許せないのだが・・・。


今のサッカー界も、それと同じく非常に不公平だと思う。

別に岡田監督に限った話ではないのだ、これは。

監督をやるようなレベルの人になると、サッカーを特に「戦術面」で捉えようとするもんだから、「知識」や「理論」に走りがちになる傾向があるような気がする

だが、そういう「戦術論」や「知識」・「理論」に価値を置いている監督に言いたいのは、その「理論」・「知識」・「戦術」は、完全なものじゃないし、むしろ非常に欠陥があるものだという「謙虚さ」をもってほしいということなのだ。

なぜなら、選手は「物」じゃなく「人間」だからだ。

人間の考え方が十人十色であることを前提にすれば、たった1人の身勝手な「理論」や「戦術」にあてはめようなんてことは、おこがましいにも程があるよ・・・

特に、自己主張の強い諸外国と違って、日本人は「素直」で「勤勉」な国民なのだ。

だから、国やマスコミにすぐに踊らされて、第2次世界大戦などに巻き込まれてしまうのだろう。

そういう日本人に「戦術」・「理論」なるものを適用したら、結果は見えてるじゃないか・・・



まるで工場のロボットになってるよ、岡田ジャパン・・・


ならば、むしろそういう自身のちっぽけな戦術論なんて隠し味程度にしておいて、結果を出してる選手を尊重して彼らに任せてしまったほうが、よっぽどこの世の理にかなっているように思う。

我の強いヨーロッパの選手には「規律」をもたらすぐらいでちょうどいいかしれないが、生真面目な日本人は、むしろ「創造性」を生み出すように仕向けたほうがバランスがとれると思うのだが・・・

そう、ジーコ・ジャパンのときのように・・・。


こういう話をすると、じゃあ「クリスチアーノ・ロナウドが11人いたらサッカーは勝てるのか」という人が必ずいる。

だが、それに対する僕の意見はこうだ。



まずは、やってみないと分からないでしょ


でも今の岡田ジャパンは、まず自身の理論・戦術が大事で、それに当てはまるかどうかで代表メンバーを決めている。

だからおかしなことになってるんだよ。

これに関しては、オシム監督も、トルシエ監督もそうだったが・・・


日本代表の長年の課題は、なんといっても、「決定力不足」、「得点力不足」だ。

ならば、「得点を獲ってるかどうか」にまずこだわって選手を呼んでみたらいいじゃないか

さっきも述べたが、「やってみないと分からない」でしょ

特に「逃げ腰パサー」をたくさん抱えるMF陣こそ、この日本代表の元凶であると僕は思っているので、そこに得点を獲れる「ストライカー」をたくさん入れることによって、日本代表はガラリと変わる可能性があると思わずにはいられない。

ちなみに、その「ストライカー」の1人じゃないか、石川直宏

1人の人間のちっぽけな戦術という枠に当てはめて、「得点」という最高の結果を出している選手を見定めるなどという「傲慢」な考えをもった岡田監督には、一刻も早く退陣してほしいものだ。



高原のように丸坊主にして、謙虚だったころの自分を思いだしてみたらどうだ、岡田さんよ

ワールドカップ最終予選 対ウズベキスタン戦の前に

JUGEMテーマ:日本代表

サッカーワールドカップ最終予選 対ウズベキスタン戦がもうすぐだ

以下が日程。

6月6日(土)日本時間23:00〜(アウェイ)

http://www.jfa.or.jp/national_team/topics/2009/73.html


予選通過には圧倒的有利な立場にいるため、この状況をよりうまくいかせば、この試合で決めてしまうことができるんじゃないか



岡田ジャパンは、どんなに魅力的で感動的なサッカーを、僕たちサポーターに見せてくれるだろうか



状況から考えれば、「カウンターサッカー」が効果的だろう

ぶっちゃけ、4−2−4のようにMFにはダブルボランチだけをおき、「2トップ+ダブルウイング」のような形で、「FWを4人」にするのも個人的には面白い

2002年日韓ワールドカップのときのフランス代表を予選敗退に追い込んだセネガル代表がこんな感じだった。

ウズベキスタン代表としては、点もとりにいかなきゃいけない・・・でも点をとられる恐怖も同時に味わう・・・という、かなり苦しい状況に置かれるはずだ

日本代表

日本代表はここで負けてもいいという状況なんだから、その「メンタル的戦術」を存分に活かさない手はないだろう。

見てるファンだって、引き分け狙いにももっていけるし、かつカウンター時には迫力のある攻撃を見ることができる・・・。

一石二鳥だ


でも、たぶん岡田ジャパンはやらないだろう、カウンターサッカーは。

そういう「メンタル的な戦術」には価値をおかない監督だろうから。

まず、「自分たちのサッカー」と称して、存分に相手陣内で横パスをまわしまくるはずだ。

後半途中くらいで中村俊輔遠藤のコーナーキックから、闘莉王(トゥーリオ)中澤がヘッドで決めて1対0で勝利・・・といったところじゃないだろうか。

まあ、見てるほうがイライラしてくる、いつもの日本代表の試合展開だ



いったいいつまでこんなことを続けるつもりなんだろうか

他のサポーターはどう思ってるんだろう

面白いんだろうか

今のサッカーをイライラするといってる僕だけがおかしいんだろうか

それとも他の人も同じようにイライラしてるんだろうか・・・



はぁ〜・・・・大好きなサッカーの試合を見るだけなのに、なぜこんな思いをしなければならないのか・・・



ちなみに、僕がなぜイライラするかといえば、中村俊輔遠藤といった傲慢な技術者たちが、自分たちのことだけを考えて、お客さんである視聴者のことをまるで考えてないのがバンバンに伝わってくるからだ。


岡田監督は試合後、こう言うだろう。

「予選を突破するために、勝点をとりにいった。まあ見てる人にとってはつまらない試合だったかもしれないが・・・」と。


じゃあ勝点をとった後の試合後のインタビューは、当然お客さんのことを考えた発言をしてくれるんだろうな

・・・ところが、憮然とした表情で、イヤそ〜にただ答えを返すだけ


でも選手は勝点をとった後のインタビューではちゃんと発言してくれるはずだよな

・・・ところが、こちらもイヤそ〜に下を向きながら、髪をかきあげながら、こちらも岡田監督以上に憮然とした表情で、しかもそっけないコメントしか返さない・・・


小学生だってもっとちゃんとスピーチできると思うんだが・・・。


そんなにイヤならインタビュー断わればいいじゃないか


闘莉王にやってもらえばいいだろう

スピーチうまいんだから。

ファンをいつも心地よくさせてくれるのは彼だけだ



こんなことが、おそらくはワールドカップ本大会で日本代表が敗退するまで延々延々延々と継続するはずだ。

つまり、この岡田ジャパンというやつは、たとえワールドカップ予選突破を決めても、本大会で勝ち進んでも、延々と見るものに感動を与えることはなく続くのだ。

そして残るのは不快感だけ・・・


逆に聞いてみたいよ。

岡田ジャパンはなんのためにワールドカップに行きたいの

ワールドカップ行ってどうしたいの

勝って勝ちまくって優勝

優勝してファンが感動する



しないよ・・・・わるいけど。


だって、選手に魅力がないだろう

テレビ局がかわいそうだ

アナウンサーだって魅力のない選手を必死で盛り上げようとしてる姿が気の毒でしょうがない。

なに、それとも高校サッカーみたいに自分たちだけが青春の1ページを刻めばそれでいい

オリンピック選手みたいに自分自身をほめてあげればそれでいいのか


バカ言ってんじゃないよ


僕らがお金と時間を投資して築き上げてきたサッカーの舞台で、そんな自分勝手な理不尽さは許さんぞ



選手は、まあ高校生サッカーの延長でプレーしてるんだろう。

子供だ

でも岡田監督は子供じゃないだろう。

大人として、社会人として、「勝っても賞賛されない日本代表」をなんとも思わないのだろうか

ひょっとして気づいてないのか

気づいてないんだったらファンがボコボコに言ってでも、気づかせてあげなきゃダメだ


いいんだよ、負けても。

最悪の場合、ワールドカップ最終予選を突破できなくても・・・。

いいんだ。


僕らは「楽しければいい」んだ


ドーハの悲劇のときの日本代表は日本中に愛されていた

視聴率がそれを証明してる。

ワールドカップにいけなくても魅力的なチームは記憶に残り、後世に語り継がれるんだから。


でも、今のサッカー日本代表は日本中から嫌われている

視聴率がそれを証明してる。


見るに耐えないんだよ


だけど僕たちが育て上げてきたサッカーの舞台そのものは大好きだから見るしかない・・・

選手は見たくないのに・・・。

どうすりゃいいんだ、まったく・・・


ラモスカズ柱谷哲といった日本リーグ時代の選手は、「Jリーグのありがたみ」を誰よりも知っていた

だから、ファンを何よりも大事にしてくれたし、逆にファンに来てもらえることがうれしかったに違いない

お客さんがいないところでずっと試合してきたんだから。


でも彼らが土台を築き、僕たちサポーターが何年もお金を投資し続けてきて育て上げたJリーグという舞台を利用して、社会人のフリをした高校生のような選手が、何千万円という報酬受け取り、奪い取っていく・・・


まるでハイエナだ。

天下り官僚となんら変わらない。

それを黙って見てろっていうのか

黙っていられるわけないだろう


僕らファンがどうしてほしいか言ってやるから、しっかり聞いてろよ


「僕らが長い年月をかけて育て上げてきた日本サッカーの舞台に、高校生のままあがってくるんじゃない



・・・それから、

「どこかの企業に一回就職して、仕事の厳しさ、企業人としての考え方を身をもって体感してこい



・・・・それから、

「20歳超えて、『僕は人前でスピーチはできません』なんてことは社会人として通用すると思ってるんじゃない



言いたいことは全然サッカーなんて関係ないことばかりだ・・・。

つまりサッカー以前の問題なんだよ


柱谷哲が下手

岡野がペナルティエリア内でホームランを撃ちまくった

いいんだよ。

彼らは魅力にあふれてたんだから・・・人間的に。

なによりファンのことを大事にして、インタビューでも聞いてるこっちがジーンときたもんだ。

「さすが何千万円も稼いでるプロサッカー選手は違う」と思ったもんだ。

技術じゃないんだよ、僕らが求めてるのは。



逆に、タマ蹴りができることになにがスゴいんだ


世の中のなんの役にもたたないじゃないか

子供はダマせても、20歳過ぎればそんなことにはダマされることもなければ興味もない。

見るべき部分は「人間」なんだよ。


いっそのこと負けてくれないかな、ウズベキスタン戦。

それはそれで興奮するから。

そして予選敗退っていうのもありだ。

だって、そのほうが結果的にはいいかもよ

本大会出ても愛されないチームなんてさっさと負けたほうがいい。

そこで根本的に日本サッカーを見つめなおしたほうがいいんだ

岡田監督は遅くまで練習してる中村俊輔を評価して、若い代表選手に「中村俊輔を見習え」と言ってるらしい。

でも僕からすればそこが間違いとしか思えない。

だってふつうの企業だって、「遅くまで残業してるやつが偉い」か

逆じゃないか

仕事ができるやつはパッパと終わらして早く帰るもんだ。

そういう姿に部下が憧れて、残業しないで仕事を終わらせられる能力を磨きあげていく・・・。


ましてやサッカー日本代表の選手はエンターテイナーなんだから、勤勉である必要はないんだ。

むしろ遊び心をもって、それをファンへのパフォーマンスにしてくれればいい。

関係ないんだよ、タマ蹴りの技術なんて。

くだらない



ファンが見たいのは、タマを蹴ってゴールに突き刺すという一連の動作における、選手の「格闘する姿」なのだ。


そしてインタビューで「今日の試合を振り返っていかがですか」と聞かれたらこう答える。

「今日の試合は終盤とても苦しい時間が続きました。でも、これだけの熱いサポーターのみなさんの声援のおかげで、最後まで気持ちを振り絞ることができました。次も勝ちます。今日はありがとうございましたー


・・・・ムズかしいか

うれしいぞ、こうやって言われるだけで。

しかも内容は小学生でもいえそうだ。

ただこれを心から魂こめてしゃべるだけ

別に政治家のようにきれいに演説しろといってるわけじゃない。

お笑い芸人のようにギャグをいれて僕らを笑わせてくれって言ってるわけじゃない。

ただ社会人として、「お客さんありがとうございました」っていう気持ちを大声で訴えかけてほしいだけだ。

つまったって、ドモったっていいんだ、別に


こういうことを一言も口にしない中村俊輔を、よりにもよって岡田監督は、「見・習・え」だと・・・。



どの口からそんな言葉がでてくるのやら・・・。

これなら「中川酔っ払い大臣」のほうが、面白い分まだマシだ。

あの酔っ払い会見が日本の恥をさらした

たしかに政治的には歴史的恥だ。

でもエンターテイナーとしては最高だった

バラエティー賞をあげたい

それに比べれば、サッカーサポーターにとっては、中村俊輔のインタビューのほうがよっぽど恥だよ


でも、ただ1つだけ光がある。

新たに就任した犬飼会長の存在だ。

浦和レッズの社長だったことが大きな魅力だ。

弱くてダメチームだったころからファンに愛されていた浦和レッズを築きあげてきた社長なんだから、当然今の岡田ジャパンには不満タラタラのはずだ。

どちらかといえば僕たち側の人間なんじゃないか

日本代表の人気低迷は岡田監督が元凶なのは間違いないから、いつか解任してくれると信じたい

まあタイミングもあるだろうから、すぐにというわけにはいかないだろうが・・・。


みんなにも思い出して欲しい


かつてここまで愛されないサッカー日本代表があったか


これは危機的状況だろう

もし、日本サッカーが今後廃れていって、「いつからこうなってしまったんだろう」とふり返るのならば、それは今なんだ

オフト監督、加茂監督、それから昔の岡田監督のころは、選手に魅力的なファン思いの人間が多かったから、なんとか人気を保てていた。

そしてトルシエ監督のときはサッカーはつまらなかったが、日韓ワールドカップというホームでの盛り上がりがあったことと、キャプテンが宮本だったことが救いだったんだろう。

宮本は人間的に魅力があるから、ラモス世代とよく似てる。

その後のジーコジャパンジーコ監督がなにも教えないもんだから、選手たちがその分必死になる姿が露骨にでて、人間味を感じることは今よりはできた。

まあこのときもキャプテンの宮本が選手の顔になることで僕らの怒りをまだおさえてきたんだ。


でもオシム監督と今の岡田監督は、それがない。

「走るサッカー」と称し、「工場のロボットのような選手」を11人そろえ、ひたすら「流れ作業」をさせる。

90分もだ

そしてファンが時間とお金をかけてそれを見にいくと・・・。

バカ言ってんじゃないよ


工場見学だろっ、それじゃあ・・・




今回の日本代表にはサンフレッチェ広島からDFの槙野が選ばれると聞いている。

彼は、例の「お祭り世代」だ。

スピーチも熱いし、ファン思いだ

たぶん僕らと同じ思いを中村俊輔世代に対して抱いてるんじゃないだろうか

貴重なDNAだ。


だから槙野

中村俊輔遠藤の言うことは聞くんじゃないぞ

そして柏木安田理大がそろって日本代表入りしたら、例のごとく、こう言ってやれ。


「先輩たちなんでそんな暗いんですかもっと明るくいきましょうよ」と




今のサッカー日本代表にははっきりいって未来はない。

しかし、「今の日本代表に選ばれてない選手」には面白い選手がたくさん隠れてる気がする


だから、隠れてないで早く出てきて代表に入ってくれ

2010年南アフリカワールドカップまではまだ時間がタップリある

期待してるぞ














キリンカップ2009  やる気ゼロだな、サッカー協会・・・

JUGEMテーマ:日本代表


キリンカップ2009がもうすぐだ


ちなみに以下が日程。

5月27日(水)日本代表VSチリ代表

5月29日(金)チリ代表VSベルギー代表

5月31日(日) 日本代表VSベルギー代表


個人的には、チリ代表ベルギー代表も強いと思うので、いいカードだし、楽しみだ



と思って、日本サッカー協会などのホームページで詳細を調べてみたんだが・・・。


載ってないぞー、どんな選手がくるかとかなんにも

http://www.jfa.or.jp/


まあいい、それは自分でなんとか調べるから・・・。

サッカー好きだからね。

自分1人だけでも楽しみたいし、キリンカップ



でも一言いわせてもらうぞ。

なんのアピールもせずにチケットだけ売ろうとはどういう神経してんだ


しかも、日本代表の試合はまあまあ売れてるらしいが、チリ代表VSベルギー代表のチケットは全く売れてないみたいだ

そりゃそうだよ

サッカー好きな僕でさえどんなメンバーがくるかすぐには思いつかないのに。

ましてや、これからサッカーに興味もってくれるかもしれない潜在的なファンはまず興味もたない

だから積極的に宣伝しなきゃダメだろう



別に高い宣伝費を使ってCM流す必要はないんだ。

日本代表の試合なんだから、ちょっと興味がもった人は、現代人ならまずインターネットだ。

検索欄に「日本代表」とか「キリンカップ」と入れるはず。

それで「日本サッカー協会」のホームページにたどりつくまではOKだ

しかし、そこから「キリンカップ情報はここかな」と思ってクリックしてみたら、なんと「チケットの宣伝」と「日程・会場」しかでてきやしない。


これで、どうやってチリ代表VSベルギー代表に興味もてってんだ



これが普通の企業であれば、まず商品は売れん

過去に仕事で営業をやってた経験で言わせてもらおう。


「今日売れんかったら明日から会社にこなくていいぞ。今日限りでやめろ


って言われるぞ、上司から


別にすばらしい映像をつくって、お金をかけて大々的に宣伝してくれと言ってるわけじゃないんだ。

僕だって自分ができもしないことを言うつもりはない。

ただ、プレゼンもなく、こんなただクロージングみたいなやり方は、あまりにも努力が足りなすぎやしないか


もっと分かりやすく言おう。


ファンをなめるんじゃないいや
正確には、社会人をなめるんじゃない


あんたらは学生なのか

社会人なわけだろう

だったらちゃんと仕事しなきゃダメだ


たしかにちゃんと調べればどこかほかのとこに載ってるのかもしれない。

あるいは、ほかの民間企業に宣伝はお願いしてるのかもしれない。

だけど、それはコアなファンなら調べるからいいが、ほとんど興味のない人にサッカーを知ってもらうには、これぽっちのスキも与えちゃダメなんだよ。

あらゆるところに宣伝を簡単でいいから出して、「どこからでもかかってこい」という姿勢で待ち伏せしておかないと・・・。

技術的に難しくはないはずだ

要は、日本サッカー協会の企業人としての心構えだけ



ちょっと以前に、「会社は誰のもの」なんて話が問題になったことがある。

社員のもの

株主のもの

日本ではちょうどホリエモンのころにそれが問題になった。

でも、世界ではすでにこう答えが出ていた。


「会社は社員のものでも株主のものでもない会社は『社会のもの』だ」と。


これが今のグローバルスタンダードな考え方だろう。


サッカー日本代表にも同じことが言える

選手のものでも監督のものでもない。

日本サッカー協会のものでもない。


サッカー日本代表はファンのものだ



まあこの話は別に今回のキリンカップだけに限った話じゃない。

ずっと以前からそうだ。

そう、Jリーグ開幕元年よりずっと前から


でももうあれから十数年になる

そして今の岡田ジャパンの人気のなさ

本来なら臨時取締役会をすぐにでも開いて、「役員解任」となる場面だ、普通の企業なら。

これが政治の世界なら、すでに解散総選挙だろう。



ただ、厳密に言えば岡田監督が全部悪いわけじゃないのだ。

だって、もともと日本サッカー協会が選んだんだし、岡田監督だって自分のポリシーをそう簡単には変えられないだろう。

「サッカー知らないくせに素人がなにいってんだ好き放題勝ってなこといいやがって・・・

とさえ逆に思ってるかもしれない。

たしかにそのとおり、それは正論だ。



一番の問題は、お客さんを全く呼ぶ気がない岡田監督を続投してる日本サッカー協会にある

この日本サッカー協会というやつ・・・お金はあるはずで、年寄りが上のほうにいるのを考えると、どうもうさんくさい気がしてならない。

意外とその辺の天下り法人とたいして変わらない体質なんじゃないかとさえ思えてくる。

そうとしか思えないんだよ、このホームページ見てると


「いや、それは誤解だ。オレたちはちゃんとした誇れる企業だ。」

っていうんであれば、今後はしっかり結果でみせてくれ、日本サッカー協会さんよ


まあ、ベルギー代表チリ代表のメンバーは自分でひっそり調べてひっそり楽しむこととしよう











ドログバよ!気持ちは伝わった!

JUGEMテーマ:日本代表

UEFAチャンピオンズリーグ準決勝はバルセロナチェルシーに競り勝ち、見事決勝進出をきめた

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20090507-00000011-ism-socc


http://coop46.blog91.fc2.com/blog-entry-9518.html#more


バルセロナよくやった

これが本音だ。

だってチェルシー嫌いだもん

金持ちが法外な金額で選手を呼んでくるわ、はたまた選手もその法外な報酬を受け取るわ・・・。

そのお金の出どころはどこなんだ

最終的にはファンのお金じゃないのか

まあ50歩100歩なのかもしれないが、常な金銭感覚のヨーロッパサッカーの中でも、それをさらに拍車をかけたのがチェルシーだと思ってるから、バルセロナが勝ったのは「いいこと」だと個人的には思う。

だってチェルシーが勝ったら「やっぱり金かー・・・」なんてことになっちゃうだろ・・・(もうなってるか・・・)。


これで決勝は、バルセロナVSマンチェスターU かー。

どっちが勝ってもいいけど、まあすごいカードになったもんだ。

0対0にはならんだろ。


まあそれはそれとして、このバルセロナチェルシーの試合で印象に残ったことをひとつ。

それは、試合終了まぎわに、チェルシーのシュートがバルセロナ選手の手にあたったかんじになり、「あわやPKか」となったシーン。

結局PKにはならず、バルセロナの決勝進出が決まったが、その際のチェルシー選手の猛抗議がすごいのなんのって

バラックなんて、走るレフェリーをものすごい顔をしながらものすごいスピードで追い掛け回してる映像がでてた。

ドログバも、カメラにむかって相当な問題発言を叫んでたらしい・・・。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1025944140?fr=chie-websearch-1&k=X4zDG27.70ek2yO08TGPglL8C2GGwurdzTD1uBO7Na47PZf8Q4tT_bLIT0nMvePsf2kRV5OMGHf1Wfs8j5yC3o.28QUxgzq7I3QSF5LxDLRaEGgqOHR5a1Y3CqcM1zeVNeYAlkVE7.Dk9nXp9Kev5LggMLvPJuqOZghdt3UrzlsWI1WjDO9sGY_vcSVMWZZe7FFWwGu3poMSQtN9_dJ3Kso4NA2QRYQ7nyILqKVTgT7hq3qWgAPtbVybS.2sPxjnAKjEtnWS6aloBsQxTTDHk2UXzRqdVMFzcwxlz_1smJEYguy2GjTNgqjPJISAJn6YcIFwhODOXgB154Z1XZxtSmJnVFkY1yA0vsiVABiyNjTgFPbmeZi648q6131ZZWWcieAfODPhOoq742v_Noc0p21ohlRni4MNRcxm10kU5DGpjtS9X.Dq5KcwZZEcv3M-


たしかに、一般的にはこんなことはスポーツ選手としては問題外であり、潔くないといえばそりゃあそうかもしれない

でも、サッカーの場合はちょっと違ってて、実はこれは一つの楽しみでもある・・・。

サッカーファンはけっこう好きなんだよねー、こーいうの

90分の試合の中で、あの猛抗議のシーンが一番必死だったもの。

見てるこっちがエキサイトしてくる・・・。


それと比較すると、日本代表Jリーグのチームはどうなんだろう

ちょっとおとなしすぎやしないか

バラックなんてあれが街中だったらストーカー行為で逮捕されてるぞ、きっと。

ドログバなんて、まるで「オレは死刑じゃない」と法廷で必死で訴えてる囚人のようだ。


でも僕はその必死さが大好きだ

ドログバよ、もっと吼えてくれ」と言いたいくらいだ。


それに比べて日本代表でその才能を備えてるのはトゥーリオぐらいじゃないか

トゥーリオは以前浦和レッズの試合中に、レフェリーに殴りかかろうとして、見方選手4人ぐらいで羽交い絞めにされながら芝生におしつけられてたのを見たことがある・・・。

Jリーグのただの一試合だが、彼は「必死」だった。

あの「必死さは見てるファンが逆に感化される・・・。

選手が一生懸命やってくれると、なにげなく見てるファンが逆にエキサイトしてくるもんだ。


しかし、今の日本代表はどうだ

試合後、あれだけの猛抗議をしたことがあるか

あるいは悲しんで泣いてる姿とか・・・。

ちょっと冷めてやしないか

ドライというか冷静というか・・・。


ファンはエキサイトしたくてスタジアムに行くわけだし、仕事をきりあげてまで家で試合を見に帰るわけだから、もっと見てるほうがエキサイトするように選手も意識してほしい・・・。

これが、いまいち今の日本代表が人気のない理由のひとつでもあるだろう。

バラックドログバの表情をみてみろっ」と言いたい。


別にパフォーマンスでもいいのだ。

プロレスみたいに。

レフェリーの判定やカードに不満があったら、さしつかえない程度に「それは違うだろ」と抗議するフリぐらいはほしいんだよ、ファンは。

だって選手のその時の感情が伝わってくるじゃない

おっトゥーリオがまた怒ってるぞ」とかね。

選手はロボットじゃないし、感情を持った人間だからこそファンはわざわざ試合を見たいわけで、その感情をファンも共有したいんだよ、きっと。


でも岡田監督はそういう選手は好きじゃないみたいだ

輪を乱すからだろう、そういう選手は。

ゴール後のパフォーマンスだって、「相手を刺激することになるからやめよう」だってさ、キャプテンの中澤が。

たしかに、高校サッカーだったらそれでいいが、プロはそれじゃイカンでしょ。

プロサッカーはエンターテイメントなんだから。

お笑い」や「演劇」と一緒だ。


でも実はJリーグの中にはそういう感情の激しい面白いエンターテイナーが潜在的にはたくさんいる。

サンフレッチェ広島槙野柏木ガンバ大阪安田あたりなんかは面白い選手じゃないか

この世代はU−20代表時代に、「上の世代の人たちはなんでこんなに暗いのかなー、もっと明るくいこうよ」とか言ってケンカうってたくらいだから、個人的にも楽しみだ。

特に若い世代に楽しみな逸材がそろってるだけに、日本のトップの指導者には、それを間違った方向にだけは導かないでほしい。

名古屋グランパスピクシーストイコビッチ監督)がこう言ってた。

本の指導者はどうして『あれはやっちゃイカンとかこれをやっちゃイカン』と言うんだ。だから選手は萎縮してしまってると思うよ。特に今の日本代表のFWはね。」と。

これってものスゴいヒントなんじゃないか

実際名古屋グランパスAFCチャンピオンズリーグでも1位通過してるだけに、ものすごく説得力がある・・・


今からでも遅くはない

岡田監督には退いてもらうわけにはいかないだろうか・・・

























 

パクチソンがマンチェスターUで大活躍!

JUGEMテーマ:日本代表
 
マンチェスターUアーセナルを下し、UEFAチャンピオンズリーグ決勝進出を決めた

クリスティア−ノ・ロナウドの超ロングフリーキックシュート・・・スゴすぎっ

でも僕としては、3点目の、カウンターからの流れるようなパスからのスピード感のあるゴールのほうが、プレミアリーグらしくて好きだが・・・。

でも驚くべきは、1点目を韓国代表パク・チソンが獲り、はたまた3点目のクリスティアーノ・ロナウドのゴールにもパク・チソンなくしては生まれなかったのでは思うほど、パク・チソンの存在が大きかったことだ。

パク・チソンってこんなにスゴかったのか

いや、たしかに2002年日韓ワールドカップパク・チソン韓国代表の間違いなくキーマン的存在で、対ポルトガル戦のゴールなんて圧巻だ!

そう、スゴいことはすでに分かっていたのだが、このパク・チソンはそのころたしか京都サンガにいたんじゃなかったっけ

ポジションもFWじゃなくて、デフェンシブ・ハーフだった気がするが・・・。

天皇杯京都サンガで優勝したときの立役者がパク・チソンだったはずだ。

たしかに、Jリーグでもそれなりの実績は挙げていたが、今のマンチェスターUでの猛活躍をみると、「こんなにスゴかったけ」と思ってしまうのだ。

京都サンガではそれほどの存在ではなく、マンチェスターUでは世界的名プレーヤーになっている・・・そう考えると、「日本のサッカーって全然ダメじゃん」って悲しくなってしまう・・・。

正直に言おう。

僕は韓国がうらやましいのだ

今ごろ韓国のサッカー界では、パク・チソンの活躍で盛り上がっていることだろう。

もしこのままマンチェスターUヨーロッパチャンピオンになろうもんなら、世界クラブワールドカップで、Jリーグのチームとあたる可能性もあるのだ。

その時にアナウンサーがこう言う。

パク・チソンは昔、京都サンガにいたんですよねー。」と。

それって「Jリーグだめじゃん。」って言ってるようなもんじゃないか

つ、つらすぎる・・・

日本サッカー協会各クラブチームは、「なんでパク・チソン京都サンガではそこまで活躍できなかったのか」をこれを機に考えるいい機会だと思う。

まず、「パク・チソンがなぜ京都サンガではデフェンシブ・ハーフをやっていたか」ということが大きな問題だ

マンチェスターUではFWをやって大活躍してるわけで・・・。

まあ、答えがすぐ出せる問題ではないかもしれないが、個人的には、「日本代表の得点力不足」という問題と、すごく関連しているような気がする。

少なくとも日本人は自覚するべきだ。

日本代表ほど守備的なチームはない」ということを・・・。

そりゃあ、そうだよ。

守備的な選手」を11人集めておいて、岡田監督はこう言う。

なんで点がとれないんだろう・・・。」

得点を獲るというのは選手の才能の問題だ・・・」と。

獲れるわけないだろ、もともと点の獲れない守備的な選手なんだから・・・。

そういうことを言う前に、まず「点を獲っている選手」を集めることからはじめようよ。

パク・チソンは間違いなく「点の獲れる選手」。

そのパク・チソンデフェンシブ・ハーフで起用しているようでは、日本はいつまでたっても「点の獲れるチーム」にはなれない。

つまり、日本サッカー界は、「指導者に問題がある」のはもう間違いないだろう。

それもトップだけじゃなく、小学生に至るまで全体的に・・・。

パク・チソンはそれほど恵まれた体格をもってるわけじゃないし、日本人とたいして変わらない。

フィジカルが・・・」とか「決定力が・・・」とか、もう言い訳は通用しないよ。

解決するには、もうこれしかない

小学校からトップまで、指導者を全員ブラジル人にする・・・

なんか言ってて悲しくなってきた・・・





サッカー日本代表 じゃあ最強世代は?

JUGEMテーマ:日本代表

サッカー日本代表最強世代はいつなのか

オシム監督じゃあないことは個人的に好き勝手述べたとおり。

じゃあジーコ監督

たしかにジーコ監督も「強さ」をみせた監督の一人。

でも、それ以上に「強さ」にこだわったチームがある。

それは誰か?

僕の考えでは、トルシエ監督


みんなが口をそろえてこう言った。

トルシエ監督のサッカーはつまらない

たしかに同感だ。

こんなにつまらないサッカーをよくもまあ育てあげたものだ

ただし、「強さ」ということに焦点をあてるなら、トルシエ監督ほど「強さ」にこだわった監督はいない。

しかもトルシエ監督の場合、これでもかというぐらい徹底している。

なんでって、あのチームははっきり言ってサッカーのチームじゃないだろ、どう見たって・・・。

まるで11人でPRIDEのリングにでもあがるつもりかっていうぐらい格闘家タイプの選手を集めている。

その象徴が、「中村俊輔の落選」と「戸田の選出」だと思う。

中村俊輔はことフリーキックに関してはワールドクラスであり、まあ仮にスタメンはなくとも、サブでは必要だろうと普通なら考える。

でも容赦なかったよ、トルシエ監督は・・・

おかげで、フリーキッカーがいなくなってしまった。

戸田

戸田ってうまいか

てゆーか、あのころはまだ「戸田って」みたいな存在だったんじゃないか

急にうまくなって代表入り

いや、ジーコ監督になってから全く選ばれてないし、クラブチームでもその後レギュラーにもなれなかったはずだ。

そのうまくもなんともない戸田不動のボランチとして起用したのがトルシエ監督だ。

なぜ選んだんだろう

考えられる答えはひとつだけ

彼は「強い」からだ

フィジカル的な強さ

いや、そうじゃないと思う。

スタミナも含めた「精神的な強さ」・・・この1点に尽きる

戸田だけじゃあない。

FWは鈴木

下手だが、とにかくただでは倒れない男だった・・・・汚いし

DFが宮本

おせじにもフィジカルは強くない。

ズバズバ抜かれるし。

でもメンタル面はズバ抜けて強い

それはジーコ監督の時のアジアカップでも証明されている

ちなみにジーコ監督の時に、ガンバ大阪でレギュラーになれなかったのに、ガンバ大阪から出ようとせず、ずっと西野監督の仕打ちに耐えた。

彼がオーストリアに行ったのはそれからずいぶんたった後だ。

なんちゅう精神力の持ち主だろう。

そういう選手で11人が構成されていた。

中田英は言うまでもない。

唯一の例外が小野ぐらいだろう。

ただ彼の場合はファイターではないけども、オランダで活躍してたのが評価されたんだろう。

オランダ人はデカいから・・・。

そりゃあ強いって、このチーム。

オシム監督の選んだ選手と比較したら、まるでヤクザと子供だ。

そういう意味でトルシエ監督の一番の戦術は「強い選手を集めること」にあったと思う。

フラット3はおまけみたいなもんだろう。

ただ、ひとつ弱点を挙げるとすれば、精神的な強さを初めからもった選手が多かっただけに、チームが精神的に成長した感じがなかったこと。

これに関してはオシム監督と同じで、「教えすぎた」ね、トルシエ監督も。

結果、ワールドカップではトルコ代表にいいところなく負けた・・・

まあ、負けたのはしょうがないが、システムの弊害がモロにでた敗戦だったと思う。


結局、「最強世代」を選ぶなら、「強さ」によりこだわったという点で「トルシエ監督世代」だが、「強さ」だけにこだわっただけではないが結果「強さ」が身についてしまった「ジーコ監督世代」も、僕の中では同じぐらいの評価。


今のサッカー日本代表と比較してどうだろう

強さ」を備えてるのはトゥーリオ、中沢、長谷部ぐらいじゃないか

岡田監督もかなりシステマティックな監督だから、ジーコ監督のように、メンタル的に選手が育つということは考えにくい

だから、岡田監督でやっていく以上は、すでに「強い選手」をバランス的にもっと選出してもいいのではと個人的には思う。

特に、今のサッカー日本代表は、決して強くない中村俊輔遠藤が実権を握っているため、彼らがチームメイトに指導すればするほど、チームは弱くなっていってしまう・・・・。

それはかんべんしてほしい

だから、できればこの2人にモノをいえる選手で、強さを兼ね備えた選手がほしい。

そう考えると、宮本が必要なんじゃないかと思ってしまう。

なぜなら、強さもあるが、それ以上に人間的なカリスマ・存在感が彼にはあるからだ。

男女問わずファンやマスコミを注目させられるのは大きい。

技術的なところをみればとても呼べる選手じゃないが、昔の柱谷戸田にも同じことがいえるのだから。

ヴィッセル神戸がどんどん勝っていくようだったら岡田監督も呼んでくれるかもしれない・・・。

ヴィッセルがんばれ









サッカー日本代表 最強世代はオシム?

JUGEMテーマ:日本代表

サッカー日本代表の「最高世代」は先に挙げた「オフト監督時代」で、僕の中では納得している。

もちろん組織力や強いのは今の代表だとは思うが・・・。

でも待てよ

じゃあ今のサッカー日本代表は「最強」なのか

いや、僕の中では、ノーだ!

じゃあいつが「最強」だろう?

オシム監督

いや、僕はオシム監督の世代がもっとも弱かったとさえ思っている。

そりゃあ、選手からの人望の厚さや、その科学的な戦術論トレーニングのユニークさマスコミをうまくてなづけてしまう人間性・リーダーシップなど、オシムさんという人物はすごい。

でも、オシム監督には決定的な弱点がある。

それはアジアカップで優勝できなかったことだ。

運がなかったのか?

いや、そうじゃないと思う。

というのは、僕は「これじゃあ絶対に優勝できない」と思う根拠があったからだ。

それはなにかといえば、オシム監督は「メンタル的な戦術が決定的に欠けていたことだ。

たしかに「物理的な戦術論は言うまでもなく非の打ち所がない。

指導力なんて、歴代の日本代表監督の中でも過去最高だろう。

それまでいたか、こんなに選手やマスコミから信頼されてた監督

僕の中では、オシム監督は小泉総理状態だった感さえある。

よくジーコ監督と比べられ、「ジーコ監督は戦術がないオシム監督は戦術がある」みたいな論評があった。

でも本当にそうか

僕は当時こう思ったものだ。

ジーコ監督はたしかに物理的な戦術はない。でも。その分メンタル的な戦術がすごい」と。

その象徴がアジアカップだ。

あのときのサッカー日本代表はものすごい戦いぶりだった。

なにしろ、中国は暑い

どのチームもみんなヘトヘトだ。

そんなときにものを言うのが精神力

あのとき物理的に一番強かったのはイラン代表かもしれない。

でも精神的に最も強かったのは満票で日本代表だ!

ヨルダン戦PKでの川口の神がかりセーブ

バーレーン戦での土壇場での延長逆転勝利

いままで、あんなにすさまじいアジアカップが果たしてあったか

ワールドカップなんかよりよっぽど面白かったよ、あのアジアカップ

その精神的強さを選手に身につけさせたのがジーコ監督だ。

だって、全部選手にまかせちゃうんだから。

できないよふつう、選手を信頼してないと。

だって、勝てなかったらタタかれるのは自分なんだから。

ジーコ監督自身が「勝ってきた人間」だということをあのころのマスコミは忘れてたんだろう。

勝ってきた人間の場合、もうその人間の存在そのものに触れること事態が一番の戦術なんだと思う。

今のJリーグでいえば、名古屋グランパスピクシー(ストイコビッチ監督)なんてそのパターンだろう

逆に言えば、オシム監督にはそこが決定的に欠けていた。

教えすぎたことで、システマティックになりすぎた、あのころの日本代表は。

ヨーロッパならそれでバランスがとれるが、日本人は素直だからそのまま従ってしまう・・・

だから、機械的なワンパターンな攻撃しかできないサラリーマンのようなチームになっていたんじゃないか

企業だって同じことがいえるんじゃないの

教えれれば教えるほど下になる人間に育つし、教えなければ教えないほど上にたてるリーダーが育つ

つまり、オシム監督世代日本代表は、「強い」ということからは限りなくかけはなれたただの勤勉なチームであり、僕の中では、アジアカップの敗戦は必然的だったともいえる。

だから、マスコミがなんといおうと、僕はオシム監督世代が最強だとは思わない











サッカー日本代表 最高世代

サッカー日本代表イタリア以上の守備的なチームになったのはいつからだろう

最初からそうだっけ

いや、最初はそうじゃなかった。

たしかに今のサッカー日本代表は昔に比べればうまいし、運動量もあるし、組織力もある。

だけど「最高」のチームじゃあない。

じゃあ、いつのチームが「最高」だっただろう

僕が思うには、やっぱりラモス・カズ世代だったと思う

そう、オフト監督のときだ

オフト監督のときは、ワールドカップ出場にはあと一歩届かなかった。

いわゆる「ドーハの悲劇」だ。

今と比較すれば、今のほうがうまいし、強いに決まってる。

でも、あのころのサッカー日本代表が今のチームに勝る点が、ただ1つあるっ

それは、攻撃陣のシステム

ちょっと思い出してみたい

たしかシステムは4−4−2だ。

そして、MFはダイヤモンドで、デフェンシブハーフ森保(もりやす)だけが守備的(ワイパーとかいってたな・・・)で、それより前は全て攻撃的なメンバーだった。

えーと・・・その残りの攻撃的MFの3人がラモス、福田、北澤

で、FWカズ、中山の2トップ。

途中交代で武田だったかな

今考えてもこれってかなりすごいっ

まず僕がパッとみて気づくのが、彼等は全員、Jリーグの得点王

もちろん日本リーグ時代も含めての話だが、FWに関しては説明するまでもない。

福田なんて代表ではMFだが、浦和レッズではFW

また、意外と知られていないが、北沢本田技研で、ラモス読売得点王になっている。

すごいぞ、このチーム

11人のメンバーのうち、なんと5人が得点王とは・・・。

2002年の日韓ワールドカップ時のフランス代表得点王が3人いた。

ティエリ・アンリ(プレミアリーグ)、ダビド・トレゼゲ(セリエA)、ジブリル・シセ(フランスリーグ)の3人だ。

しかし、監督は3人を共存させることはなかった。

それが原因で敗退したかどうかはさだかではないが・・・

ただ、ファンは思っているはずだ。

なぜ3トップを前提に戦術を組み立てなかったのかと・・・

そう考えると、オフト監督は偉い

なにしろフランス代表を上回っているのだ、あのころのサッカー日本代表は。

たしかに結果はワールドカップに行けなかった

でも、ファンにはものすごく愛されてたよ、あのチーム。

視聴率もモンスター級だった。

そりゃあ面白いだろっ、得点王が5人もいて、途中で入ってくるFWがまた得点王なんだから。

4−4−2じゃあないっ・・・・4−1−5

今の日本代表に得点王はと・・・・って、いないじゃん、1人も

コレはまずいよ、はっきりいって

これじゃあ点は入らないし、なにより面白くないに決まってる

だって面白くなりようがないじゃない

たしかに今のチームはうまくて、強いかもしれない。

でも面白いチームを目指してほしいからあえて言いたい。

得点をより多く獲ってる選手を代表に選んでくれ特に攻撃的MF・FWは

具体的には、中村俊輔(セルティック)、遠藤(ガンバ大阪)のようなパスばっかりしてる選手じゃなくって、山瀬(横浜マリノス)、小川佳純(名古屋グランパス)、小笠原(鹿島アントラーズ)、中村憲剛(川崎フロンターレ)などのようになシューターMFに抜擢してほしい。

まだまだこういう選手は潜在的に隠れてるはずだ。

また、稲本のように、本来はシューターのはずが、ヨーロッパへいってシステマティックなDFに変貌してしまうケースもけっこうある。

でも、だったら元に戻してあげればいいじゃん、少なくとも日本代表の中では。

AFCチャンピオンズリーグは今日本の4チーム全てが予選突破の可能性もあり、絶好調といっていい。

先にあげた選手が活躍して、それにより世界的に知名度があがり岡田監督がイヤでも日本代表のスタメンにせざるを得ないような状況になってしまうことを、ひそかに期待している





サッカー日本代表は世界で一番守備的なチームだ!

サッカー日本代表ほど守備的なチームはないと個人的には思う。


はっきり言おう


サッカー日本代表はあのイタリアよりも守備的


だいたい、今の日本で教える戦術は守備・守備・守備だ。


攻撃はそいつのセンスにまかせたっ、みたいな指導だろう。


まあ、その方法はともかく、守備ばかり指導すれば、そりゃあ意識が守備的になっちゃうって


ヨーロッパのように、根っこの部分が攻撃的な狩猟民族であればまだいい。


だって、彼らは人のいうことなんか聞かないし、自分が一番スゴい、といい意味で勘違いしているような人種ばかりだからだ。


そんなやからには、「守備をしろ!」とビシッと指導するぐらいがちょうどいい。


だけど、日本人はちがう。


日本人は農耕民族で、もともとモノまねばかりする人種


つまり人のいうことをすぐ聞いてしまうのだ。


そんな人種に「守備をしろ!」なんていうから守備しかしなくなるんだよ。


パスをしろっ!」なんていうからパスばっかしてシュートをぜんぜん撃たないし・・・。


そんな守備的な試合が見たいと思う人がまったくいないとは言わないが、基本的にはみんな攻撃やシュートが見たいに決まってるだろっ


ただし、そんなサッカー日本代表を変える効果的な方法がひとつある


それはトゥーリオの存在だ。


なぜなら、彼は日本国籍は取得したが、もともとはブラジル人


つまり、ヨーロッパどころか、それ以上に言うことを聞かない人種だ。


だからDFでありながらバランスを崩して積極的に攻撃参加するし、また、途中でパスカットされてもすぐには戻らない


こんなことはまじめで従順な日本人にはできない。


横並び社会で、出る杭は打たれる日本でどっぷり生まれ育った日本人にはできないのだ。


だから、まずトゥーリオキャプテンをやってもらう。


性格がきつい、DNAが日本人じゃない、選手から見てサッカー技術がない、などの理由で選手が彼を尊敬するかは分からないが、彼のような人間を中心にすえることで、いやでも影響を受けて、選手の価値観が激変することは間違いない。


そう、ラモスがそういう存在だった。


個人的には、トゥーリオ抜群のテクニックをもっていると思っている。


ウイニングイレブンの影響で、ドリブルとかフェイントとかスピードとかに目がいきがちだが、彼はフィードの感性キックの精度が抜群にいい。


中央というポジションだからサイドチェンジやセンタリングはあまり機会がないが、トゥーリオからの中央からのロングフィードで一発でチャンスになるシーンをこれまで何度も見てきた。


もちろんヘディングボディバランスなどは当然として、ゴール前でのダイレクトでのジャンピングボレーシュートオーバーヘッドシュートなんかも抜群にうまい


その辺のFWよりはよっぽど。


つまり、トゥーリオテクニックはあるのだ。


その彼がキャプテンをやれば、少なくとも守備的なチームにはならない。


トゥーリオは今のサッカー日本代表の中で、ファンのためにメッセージをこめたコメントをできる、唯一の選手と言っていい。


そういう意味でも、トップが彼をチームの中でどう位置づけしていくかが重要なのだ。


まあ、WBCの侍ジャパンを率いた原監督とちがって、岡田監督ファンのことを考える思考回路なんてない


あったらこんなに人気は急降下しないし、こんなに守備的にならないって。


暗い選手ばかり集めてないで、「サンフレッチェ広島の槙野」のようなハキハキとした攻撃的な選手を集めようよ。


最終的な決断は日本サッカー協会にあるわけで、試合結果ではなく入場者数の低下を理由に岡田監督を解任してほしいというのが正直なところ。


普通の企業だったらそこが最重要ポイントでしょ?


後任は?


名古屋のストイコビッチ、元浦和のブッフバルト、クビになるようならブラジル代表のドゥンガでもいい。


岡田監督以上に集客できる人はいっぱいいるって・・・









サッカー日本代表の一番の問題点・・・つづき

サッカー日本代表の問題点のつづきだが、Jリーグ元年のころの選手に社会人としての存在感があったのは、彼等はもともと企業に勤務するサラリーマンであり、普通に仕事をしていたからだ。


社会人としての研修はもちろん、取引先から怒られることもあっただろう。


僕らとなんら変わりはないわけで、当然共感できる部分も多いはずだ。


しかし、最近のサッカー日本代表はどうだ


はっきり言おう。


彼等は高校生・・・つまり子供だ。


インタビューなんかをみても下を向きながらぼそぼそしゃべるだけで、声も小さい


当然ファンに対してのメッセージ性も薄く、ただインタビュアーの質問に技術的な返答をしているだけだ。


それっておかしくないか。


だって社会人なんだから。


インタビュアーの質問に答えるフリをしながらファンにメッセージを伝えるのがあの場面の意味であって、そうでなければファンのいる時にやる必要はないのだ。


技術的な返答などファンはどうでもいいわけで、そんなのはどっか落ち着いた部屋でマスコミ向けにやればいいだろう。


繰り返すが、彼等は子供だ。


少なくとも社会人ではない


お笑い芸人でいえば、見に来たお客さんを笑わせるつもりのない芸人ってところか・・・そりゃ売れんわな


その点プロ野球選手はしっかりしている


インタビューを聞いてもハキハキとファンに対してスピーチをしているには好感がもてる・・・。



長くなってしまったが、つまり、サッカー日本代表が人気がないのは、サッカーが原因ではないのだ。


原因は、大半の選手が、高校生がそのまま延長でサッカーをやってるような選手ばかりで占められてしまっていること・・・これに尽きるんじゃないかと僕は思う。


もちろん筆頭は中村俊輔


はっきりいって暗い


いや、最悪暗くてもいいのだ、ファンに対して一生懸命である姿勢を伝えてさえくれれば・・・。


しかし、彼からはそんなものは伝わらない


一生懸命インタビュアーに対して技術論を述べているだけ。


会社で言えば、まるで売れない営業マンの典型だ。


知識はあるが仕事をとってこれない技術職の人間といってもいい。


そりゃあ、チャンネル変えたくもなるって・・・見るに耐えないから。


つらいぞ〜、サッカーは好きなのに選手を見たくないっていう状況は・・・。


中村俊輔に教えてあげたい。


企業の社会人研修では、どんな企業でも、まず最初に「お客様第一」を徹底するんだよ」と。


最終的には、これは日本サッカー協会と、各クラブチームの責任だと思う。


彼らに対して、日々そういう意識付けをしてないからこうなるのだ。


今の日本サッカーの環境はジーコカズラモスが育ててくれたものなんだから、それにあぐらをかくのではなく、彼らの人間性を、今の選手たちには見習って踏襲していってほしい。


強いのに、うまいのに、だけど魅力がない・・・こんな最低な事態だけはあってはならない。


そのうちマスコミから取材を受けなくなって、Jリーグ開幕前みたいに戻ってしまうようなことだけはしないでくれよ、サッカー日本代表のみなさん・・・